代表プロフィール

事務所代表、渡邉 謙のプロフィールや経歴の紹介ページです。

詳細なプロフィール

代表:渡邉 謙
公認会計士(会員番号36436)・税理士(登録番号140940)・2級AFP
昭和63年 新潟県生まれ 神奈川県育ち
独立して生計を立てられる士業に魅力を感じ、在学中に公認会計士となるべく勉強を開始。
大学を卒業した年に公認会計士試験に合格した後、JASDAQ上場の第一カッター興業株式会社にて内部監査や経理業務に携わる。
在籍中は業務効率化を図るべく、エクセルの機能を駆使して、報告数値集計を自動化する等、決算業務の効率化に努めた。
退社後、オーストラリアの語学学校で短期留学を挟んだ後、外部監査の経験を積むため監査法人トーマツに入所する。在籍時は主に上場大企業の法定監査を担当した。

座右の銘

「人間万事塞翁が馬」

メッセージ

立ち上げて間もない若い事務所ではありますが、誠意をもって貴社のサポートを致します。我々は、貴社へ適時に訪問し、貴社の経営課題に真摯に向き合い、決算業務の補助や相談を通じ、経営状態の可視化を進展させて、経理業務の効率化によるコスト削減、財務体制の盤石化を支援いたします。
中長期的なビジョンに基づく経営戦略の実行には、経営計画・事業計画の策定が欠かせません。設備投資で拠出される資金があっても、運転資金は十分耐えられるでしょうか。昨今の厳しい経営環境下にあっては、キャッシュフロー経営を念頭に置いて事業戦略を立てることが益々重要となってきています。
少子高齢化の進展により労働者不足が深刻化する中、間接業務の人員確保に難航しておられませんか。我々は、決算書作成を含む一連の記帳代行を承ります。経理業務の外注化を通じて、足りないマンパワーをカバー致します。
一方で、記帳代行を通じて、業務処理の無駄を省くアドバイスを提供いたします。決算書作成までに要する中間工程を削減することで、決算業務の時間短縮が見込めます。限られた労働力で成果をあげる生産性の高い経理体制は、間接業務の余剰人員を抑制できることに繋がり、コスト削減に貢献することでしょう。
是非一度お問い合わせください。当事務所が支援いたします。

ワタナベケンプロフィール画像

略歴

2010年3月 学習院大学経済学部経営学科卒業、同年公認会計士試験(論文式試験全科目)に合格
2011年3月 JASDAQ上場(当時)企業の第一カッター興業株式会社に入社、内部統制監査等の管理業務、また経理部にて決算財務諸表作成業務にも携わる。
2013年10月 第一カッター興業株式会社を退社し、語学留学の為オーストラリアへ渡豪。
2015年1月 有限責任監査法人トーマツに入所、東京監査事業部にて主に国内上場企業の財務諸表監査及び内部統制監査に従事する。
2018年6月 有限責任監査法人トーマツを退社し、渡邉謙会計事務所を設立。上場企業にて決算開示コンサルティングを提供する傍ら、都内税理士事務所の非常勤スタッフとして経理代行等の補助業務を請け負う。
2019年6月 税理士登録。税理士業務の提供を開始。